Workshop Information


「自身に見えている景色は必ず自身で変えることができる」- 抜里の茶畑に色を咲かせる -

私たちは自身で見ている日々の景色を意識することもなく暮らしていることが多いのかも知れません。今日歩いてる道を明日突然川に変えることや、今世界から戦争を無くすことを可能にすることは難しいのですが、一人一人に見えているその日常の景色を突然変えてしまうことは実はできると私は思っていますし、何度もそうのような経験をしてきました。それは子供も大人も可能です。ここでいう景色とは今自分が置かれている状況や環境。即ちそれは日々巻き起こる現象を受け取る感覚のことです。景色とは実在する風景に触れることだけを指すのではなく、自ら描くことも景色と言います。 島田市にある抜里の集落に今は手入れをされていない、そこだけ森のようになった茶畑があります。周りの整然と手入れをされている茶畑の中でそこだけが別世界になっていました。ならばいっそこの森の茶畑にみんなで「色」を咲かせたいと思ったのです。私は抜里に通うようになり気づいたことがあります。それは抜里では自分が立っている現実を引きで見てみることができる状況と環境が揃っているということです。どの世界にも少しみなから外れてしまうものあがあります。外れたものが見せる景色も実はちゃんとあるのです。今回のこのワークショップに関しても自身の制作を里山に登って、遠くから見下ろした時に自分の手が施した細やかな制作が少しだけ周りとは違う茶畑が村の景色を変え得ることが可能なのかを実体験したいと思うのです。そしてその現実的な景色の変化と自身に巻き起こる感覚の変化、これが景色を変えるということだと各々が実感できるのか。その実験です。 「色を咲かせる」とはお茶には9月から11月頃に椿のような花が咲きます。そこから4月の新録の素晴らしく美しい黄緑色を迎えるまで特に芸術祭が開かれる2月3月は葉の色も渋みがかった緑へと変化します。このお茶の花が咲く頃、「森と化した茶畑」にオーガニックの絵の具を使って茶の葉に絵を描いていこうと思います。一枚一枚に各々が描く作業は細やかなものになりますが、それを里山に登ってみんなで見た時に、景色とは何なのかを一緒に知れたらと思うのです。 

TAKAGI KAORU



詳細・お申込

開催日時:2022年11月5日(土) 13:00〜 ※雨天の場合 11月6日(日)10:00〜
参加資格:3歳から20歳まで
参加費:1人 2,000円(当日集金いたします)
持ち物など:マグカップ、帽子、汚れてもよい恰好、タオル
集合場所:島田市川根町抜里集落内(大井川鐵道抜里駅より徒歩6分)
※抜里駅から広がる茶畑にあるアート作品「ちゃばらのカーテン」から真っすぐ集落の方へ向かう途中にある空き地が集合場所となります。詳細はGoogle mapをご確認ください。
お申込方法:メール(NPO法人クロスメディアしまだ宛)に、お名前・年齢・連絡先等を明記の上お申し込み、またはGoogleフォームにて受付

※ボランティアも募集しております。

当日の流れ

① 13:00/集合 説明 茶畑移動
② 13:30/茶畑で絵の具を配り、制作開始 途中お茶タイムあり
③ 15:30/制作終了 片付け
④ 16:00/山の麓まで移動 茶畑を見下ろす
⑤ 16:30/解散 下山

お問合せ

主催:UNMANNED無人駅の芸術祭/大井川(NPO法人クロスメディアしまだ)
住所:静岡県島田市日之出町4-1-1F(コワーキングスペースC-BASE)
電話:0547-39-3666(平日9:00~17:00)
メール:info.unmanned@gmail.com

その他

・絵の具にはエコスオーガニックペイントを使用します。
・親子等でいらしていただいてもOKですがワークショップへの参加はお子様のみとさせていただきます。ご了承ください。